メタボ・シンドロームは公的保険の出費を増やすのか減らすのか?

メタボリック症候群とは、
内臓脂肪の蓄積と、それを基盤にした糖代謝異常や高血圧など複数の危険因子を併せ持つことで心筋梗塞などのリスクが高まる状態をさします。診断は、ウエスト周囲径が男性85センチメートル以上、女性90センチメートル以上を必須条件に血圧、血糖、血液中の中性脂肪かHDL(善玉)コレステロール値のうち2つ以上が異常の場合としている。内臓脂肪の過剰な蓄積が元凶とされるため、ウエスト測定が不可欠になります。
しかしながら、身長の高さには関係なく、一律に85センチでメタボというのは少し
おかしい。厚生省と薬品業界がグルになってこの病気を作っている気がする。

太陽

公的医療保険(国民健康保険)

日本の公的医療保険には職域保険以外に、国民健康保険があります。国民健康保険には、その人が居住している各市区町村等の自治体が運営をする医療保険と、同じ業種や、同じ事務所、同じ事業所などに従事する人を組合員とする国民健康保険組合が運営する医療保険との2種類があります。この、それぞれの医療保険の保険料というものは、基本的に前年度の収入、同じ世帯に居住する人々の収入の合計金額などをベースとして独自の方法で計算されています。大きな特徴の1つとして、この保険料の算定方法は、各市区町村によって異なっている、ということがあります。本当に各自治体によって違っていますので転居や、現在居住している土地以外での住宅購入を考えている場合には、よく調べておかなければなりません。これらの公的医療保険の充実は国民全てが保険に加入する、という国の指針に従ってのことなのですが、まだまだ十分とは言い切れていないことも事実です。医療保険の充実はこれからどんどん高齢化社会に向かっていく日本においては、必要不可欠のものです。退職した後の長い第二の人生や、色々な事情で職場の保険に加入出来ない人たちの為にも、国民健康保険は絶対に疎かにはすることが出来ないものであります。

公的医療保険の種類(職域保険)

公的医療保険の中には、サラリーマン等のように民間の企業に勤務している人や、その被扶養者が加入する医療保険があります。この医療保険は、組合管掌健康保険と政府管掌健康保険二分することができます。この2つの医療保険は総称して「職域保険」とも言われています。 まず組合管掌健康保険は、大企業などのサラリーマンが加入する医療保険で、企業が単独か、あるいは数社でグループを作り、健康保険組合を設立して運営しているものです。この組合は単独企業の場合は社員が700人以上、複数企業の場合は3000人以上で設立可能となります。 これに対して政府管掌保険は、主に中小企業のサラリーマンが加入している医療保険で、組合管掌保険の組合が設立されていない会社に勤務する人や、その被扶養者が加入するものです。この保険の運営は社会保険庁が行っています。 この保険の具体的な業務としては、適用事務や保険料の徴収、さらに保険給付事務などが挙げられます。これに対して組合管掌健康保険は職域を中心とする小集団のため、効率的で細やかなサービスの提供が特徴です。医療費を負担する保険給付事業の他、健康診断を初めとする、レクリエーションや広報活動、保養所等の施設の運営などを行って、被保険者と被扶養者の健康の保持と増進を推進しています。

公的医療保険(船員保険)

公的医療保険の中でも職域保険は、主に4種類に分けることができます。1つ目は組合管掌保険、2つ目は政府管掌保険と呼ばれる医療保険です。後の2つは船員保険と共済組合、と言うことになります。まず船員保険について見ていきます。船員保険とはその名のとおり、船員として船舶所有者に雇用される人と、その被扶養者を対象とした医療保険なのですが、ここで言う船舶とは船舶法で定められた日本船舶、あるいは日本船舶以外の船舶であっても、日本人か日本の法人が借り入れた船舶、さらに外国の港まで航海をする船舶、日本政府が配乗する船舶等を意味していますし、船員とは船長や海員、予備の船員などで、これらは船員法第1条に規定されています。船員保険は、健康保険、雇用保険、労働者災害補償保険を一つにまとめたもので、その管理と運営は社会保険庁が行っています。 もう一つの職域保険は共済組合です。これは国家公務員、地方公務員、さらに私立学校の職員等と、彼らの被扶養者が加入する医療保険です。この共済組合と呼ばれる医療保険は、職種によってさらに細かく分かれていて、いずれも健康保険と年金保険の管理と運営を行っています。 具体的には民間の健康保険に代わる短期給付事業、厚生年金に当たる長期給付事業や、福祉事業、健康診断、保養所管理、病院運営、さらには貸付などの、さまざまなサービス事業などをおこなっている医療保険であります。。

医療保険の種類

医療保険には、公的なものと民間のものとがあります。そのうちの公的医療保険について、少し具体的に見ていきます。公的医療保険とは、行政によって被保険者の範囲が定められている医療保障制度のことを指します。日本では、企業等に勤めていたり、公務員等の給与生活者だけでなく、自営業者なども加入可能な、国民健康保険制度が全国的に整備されています。最終的に国家が目指しているのは、「国民皆保険」で、そのための制度が構築されているのです。公的医療保険には、いくつかの種類があり、被保険者の職域などによって、加入する保険が違ってきます。現在組合管掌健康保険や、政府管掌健康保険船員保険などの職域保険に加入している人が全体の約6割、残りの4割が自営業などで国民健康保険の加入者となっています。 しかしどの公的医療保険に加入したとしても、被保険者や、被扶養者の立場の家族などが、治療が必要な状態になったときに、公的な機関などが医療費の一部もしくは全額を負担してもらえるという基本制度には変わりありません。これらの公的医療保険では、加入者が収入に応じて保険料を出し合い、そこから必要な分の医療費を支出するという仕組みになっております。

医療保険とは

 医療保険とは、病院などの医療機関への受診で発生した医療費の、一部、若しくは全額を保険者が給付する保険です。つまり巨額の医療費の負担による生活の貧困化を避けて、国民の生活を安定させる為の仕組みであります。この医療保険は、大きく公的医療保険と民間医療保険二分することができます。どちらの保険の場合も目的は同じで、長期に渡る入院や、先端技術による手術や治療、高額な薬品の投与、などに伴う巨額の医療費が、被保険者である患者や、患者の家族の負担にならないために、その被保険者が支払うべき負担額の上限が定められています。全額が自己負担と言うことになると、結局経済的に余裕のある人だけが病院に行ける、ということになってしまいますが、それでは平等な社会であるとは言えません。また、医療保険の保険金を支払う方の立場である、国などの公的機関や、保険会社などのいわゆる保険者は、その支給額があまりにも膨大な金額になってしまうと、財源が圧迫されることになります。それを防ぐためにも、保障範囲というものは必要になってくるのです。先進国の場合、その多くの国で医療保険は公的なものと民間のものとを組み合わせて構成しているのが現状であります。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。