医療保険について考えた

公的医療保険の種類(職域保険)

公的医療保険の中には、サラリーマン等のように民間の企業に勤務している人や、その被扶養者が加入する医療保険があります。この医療保険は、組合管掌健康保険と政府管掌健康保険二分することができます。この2つの医療保険は総称して「職域保険」とも言われています。 まず組合管掌健康保険は、大企業などのサラリーマンが加入する医療保険で、企業が単独か、あるいは数社でグループを作り、健康保険組合を設立して運営しているものです。この組合は単独企業の場合は社員が700人以上、複数企業の場合は3000人以上で設立可能となります。 これに対して政府管掌保険は、主に中小企業のサラリーマンが加入している医療保険で、組合管掌保険の組合が設立されていない会社に勤務する人や、その被扶養者が加入するものです。この保険の運営は社会保険庁が行っています。 この保険の具体的な業務としては、適用事務や保険料の徴収、さらに保険給付事務などが挙げられます。これに対して組合管掌健康保険は職域を中心とする小集団のため、効率的で細やかなサービスの提供が特徴です。医療費を負担する保険給付事業の他、健康診断を初めとする、レクリエーションや広報活動、保養所等の施設の運営などを行って、被保険者と被扶養者の健康の保持と増進を推進しています。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

医療保険、特に公的保険には色々な種類があります。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。