医療保険について考えた

公的医療保険(船員保険)

公的医療保険の中でも職域保険は、主に4種類に分けることができます。1つ目は組合管掌保険、2つ目は政府管掌保険と呼ばれる医療保険です。後の2つは船員保険と共済組合、と言うことになります。まず船員保険について見ていきます。船員保険とはその名のとおり、船員として船舶所有者に雇用される人と、その被扶養者を対象とした医療保険なのですが、ここで言う船舶とは船舶法で定められた日本船舶、あるいは日本船舶以外の船舶であっても、日本人か日本の法人が借り入れた船舶、さらに外国の港まで航海をする船舶、日本政府が配乗する船舶等を意味していますし、船員とは船長や海員、予備の船員などで、これらは船員法第1条に規定されています。船員保険は、健康保険、雇用保険、労働者災害補償保険を一つにまとめたもので、その管理と運営は社会保険庁が行っています。 もう一つの職域保険は共済組合です。これは国家公務員、地方公務員、さらに私立学校の職員等と、彼らの被扶養者が加入する医療保険です。この共済組合と呼ばれる医療保険は、職種によってさらに細かく分かれていて、いずれも健康保険と年金保険の管理と運営を行っています。 具体的には民間の健康保険に代わる短期給付事業、厚生年金に当たる長期給付事業や、福祉事業、健康診断、保養所管理、病院運営、さらには貸付などの、さまざまなサービス事業などをおこなっている医療保険であります。。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

医療保険、特に公的保険には色々な種類があります。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。