医療保険について考えた

医療保険とは

 医療保険とは、病院などの医療機関への受診で発生した医療費の、一部、若しくは全額を保険者が給付する保険です。つまり巨額の医療費の負担による生活の貧困化を避けて、国民の生活を安定させる為の仕組みであります。この医療保険は、大きく公的医療保険と民間医療保険二分することができます。どちらの保険の場合も目的は同じで、長期に渡る入院や、先端技術による手術や治療、高額な薬品の投与、などに伴う巨額の医療費が、被保険者である患者や、患者の家族の負担にならないために、その被保険者が支払うべき負担額の上限が定められています。全額が自己負担と言うことになると、結局経済的に余裕のある人だけが病院に行ける、ということになってしまいますが、それでは平等な社会であるとは言えません。また、医療保険の保険金を支払う方の立場である、国などの公的機関や、保険会社などのいわゆる保険者は、その支給額があまりにも膨大な金額になってしまうと、財源が圧迫されることになります。それを防ぐためにも、保障範囲というものは必要になってくるのです。先進国の場合、その多くの国で医療保険は公的なものと民間のものとを組み合わせて構成しているのが現状であります。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

医療保険、特に公的保険には色々な種類があります。

スポンサードリンク

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。